ナガオカケンメイ
2012年7月
    8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

LONG LIFE DESIGN

D&DEPARTMENT PROJECT代表取締役会長 d design travel編集長
1965年北海道生まれ。日本デザインセンター原デザイン研究所を経て、2000年東京世田谷にロングライフデザインをテーマとしたストアインフラをイメージした新業態「D&DEPARTMENT PROJEC」を開始。現在、大阪、鹿児島、札幌、静岡、沖縄など6店舗で展開し47店舗を目指す。同時にデザイナー目線で一人称で書くトラベル誌「d design travel」を同じく47都道府県分を取材、執筆、発行。日本企業の創業の原点を見直すブランド「60 VISION」はカリモク、アデリアなど12社と展開中。2011年から渋谷ヒカリエ8/のフロアディレクションと同時に、上記したプロジェクトの総本山的な場所「d47」を開始。ストア、ミュージアム、食堂を展開。ロングライフデザインを別角度から見て、Comme des garconsとのコラボストア「GOOD DESIGN SHOP」も表参道にて展開中。




「良い食品づくりの会」って知ってました??

プロダクトデザインにグッドデザイン賞があるように、食品にもあります。とはいえ、僕もここ1年くらいです。知ったのは。
きっかけはd design travel大阪号の取材のときに、大阪店スタッフから「こんぶの土居は外せないですよ」と言われたことでした。その時、僕は「こんぶ屋なんて、デザイントラベルに入るわけないし、こんぶ、食べないし」と右から左へ。
ところが、なにかの取材の最中に、一緒にいた副編集長が、「あ、こんぶの土居さん、この近くですよ」と。まぁ、近くなら、見てみようかくらいの気持ちで商店街を歩いて行く。「あ、ここです」と指さされたその先の店は、どう見てもただものじゃない。で、入ったわけです。昆布やだしを売っている店ですが、老舗感もあり、デザインの創意もあり、なんというか、デザインに詳しくない人がきたら「かっこいい」って言う感じ。それがありました。後悔したわけです。昆布屋とかいって、適当にしていた自分に。そして、おすすめの10倍だしを買って家で食べた。ま、正確には飲んだ。なんというか、まったく自分に関係なさそうなもの、ことでも、デザインという共通の関心があると、とたんに興味が湧きます。このこんぶ屋さんなら、なんか、いけるかも・・・・。と、大阪号に掲載。そのためのあらためての取材ではじめて土居さん(写真の人)に会いました。そして、土居さんも所属している「良い食品づくりの会」を知りました。そして、冒頭に書いたように、僕は思ったんです。これは、食品界のグッドデザイン運動なんだと。そう思ったとたん、これまで全く興味の湧かなかった「食品」の「良い」について、興味がわいてきます。「よい昆布」ってなんだろう。「よい塩」って何??

ある日、土居さんにつれられて「パントリー」という大阪のスーパーに連れて行ってもらいました。「ここな、普通に見えるけど、添加物とか使っていないものがいっぱい売っている」。そうなんだ、昆布とか、だし、とかだけでなく、あられとか、おにぎりとか、お惣菜とか、加工したものの世界にも「良い」がある。正直、無添加とか、合成着色料なしとか、そんな単語は聞いたことがあります。でも、自分でそれを意識してスーパーを歩いたことなどありません。これも土居さんの、土居さんがデザインに関心があったおかげです。

それからD&DEPARTMENTで「正しいだしの取り方」とか「鰹節の見方」みたいな勉強会を開きました。そして、D&D各店のダイニングの厨房に、そうした「良い」調味料や食材が導入されていきました。なにかあると「土居さんに怒られるよ」と言い合いながら。笑
普段、なにげなく買っている食材。その世界に「良い」があります。この機会にぜひ、「へぇ、そうなんだ」と思って下さい。そして、土居さんの店に一度は行って、僕のようになって下さい。笑 かっこいい土居さん、息子さん(僕らはこんぶ王子と呼んでます 笑)のファンになって、その瞬間、「良い食品」に関心が湧くでしょう。

良い食品づくりの会が毎年、開催している「良い食品博覧会」より。


カテゴリー: 未分類 | タグ: |