ナガオカケンメイ
2012年7月
    8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

LONG LIFE DESIGN

D&DEPARTMENT PROJECT代表取締役会長 d design travel編集長
1965年北海道生まれ。日本デザインセンター原デザイン研究所を経て、2000年東京世田谷にロングライフデザインをテーマとしたストアインフラをイメージした新業態「D&DEPARTMENT PROJEC」を開始。現在、大阪、鹿児島、札幌、静岡、沖縄など6店舗で展開し47店舗を目指す。同時にデザイナー目線で一人称で書くトラベル誌「d design travel」を同じく47都道府県分を取材、執筆、発行。日本企業の創業の原点を見直すブランド「60 VISION」はカリモク、アデリアなど12社と展開中。2011年から渋谷ヒカリエ8/のフロアディレクションと同時に、上記したプロジェクトの総本山的な場所「d47」を開始。ストア、ミュージアム、食堂を展開。ロングライフデザインを別角度から見て、Comme des garconsとのコラボストア「GOOD DESIGN SHOP」も表参道にて展開中。




8月2日より d47MUSEUM「47アクセサリーズ」はじまります!!

ヒカリエ8/d47で開催する47都道府県を1テーマでものを展示し、日本の底力を鑑賞する「d47museum」の第3回企画。実は昨年の震災直後の2011年4月に東京新宿の百貨店「伊勢丹」でおこなっていました。この企画、震災直後ということもあり、一旦は中止になりかけました。しかし、参加者のみなさんの強い応援もあり、なんとか予定会期通りの4月に開催できました。
今、日本のアクセサリー、ジュエリーはじわじわと変化をし始めています。20年前でしたら、クリエイションの中心、発信は絶対的に日本においては東京でした。僕も18歳で育った愛知県を離れ、東京を目指しました。東京がいい悪いというよりは、人口、メディア、商売、感性において、東京という街がその役割を全うしていたからです。そして今、時代は変化し、変わらず、クリエイションのベースがある東京で基礎力や広報の方法、需要の見極め、展示のクオリティ、グラフィックやWebへの理解を得て、それぞれが故郷の住みやすく、創造のしやすい環境へもどれる時代となりました。もちろん、交通、通信、輸送、コミュニケーションなどのあらゆる進化によるものです。
東京でクリエイションの基礎を学び、故郷に戻ったクリエイターたちは、子どもの頃は意識もしなかった普段の中にあるその土地の伝統工芸に改めて注目。もしかしたら「どうしてもっと早くこのすばらしさに気付かなかったのだろう」と後悔した人もいるかもしれません。クリエイションの磨き甲斐のある素材が、思いもよらない自分の故郷にあった。日本のすごさです。
JRが企画した「ディスカバージャパン」を大きなきっかけに、日本人が日本を旅するようになった数十年前から、より進化し、日本じゅうに今、すばらしいクリエイターが潜んでいます(笑)。
ジュエリー、アクセサリーの世界は、実は今だに「ブライダル」に需要を集中しています。雑誌などですばらしいアーティストの作品が目にとまったとしても、圧倒的に食べてはいけないのが現状。活躍しているかに見えるクリエイターの多くが、やはり、ブライダルジュエリーを生業の中心にしているのが、正直な現状といえます。意外かもしれませんが、ジュエリー、アクセサリーアーティストの作品に触れたり、買ったりするシーンはとても少ないのです。しかし、新しい感性による身につける作品たちへの注目は高まるばかり。そんな背景から伊勢丹の全面協力も頂き計画したのが2011年4月でした。中止にはならなかったけれど、当初予想していた来場者数は桁違いで少なく、内容や参加者の盛り上がりに反して、さみしい開催となりました。
本企画展はその当時の参加作家さんにもう一度、呼びかけ、再び開催するものです。展示と同時に販売もしますので、入場は無料です。
今、日本のジュエリー、アクセサリーの世界がどうなっているのか。また、そうしたジャンルの視点で47の日本を眺めることで、日本じゅうの伝統的なものの進化を感じられるのではと思っています。
会期中は作家ご本人にも、ブースに立って頂いたりと、できるだけジュエリーアクセサリーの可能性について、対話して頂けるよう、こちらもがんばります。どうぞ、d47museum、第3回企画へお越し下さい!!

日本を代表するアクセサリー作家によるワークショップも同時に開催。参加枠がどれも少数で、とても貴重な体験ができます。Webから申し込み下さい!!

8/3「岩手県」
阿部博美(クワン)さんによる炭染めコサージュ 限定各回 6名

8/4「静岡県」
山本健二さん(日本スエーデン)のブローチ 限定各回 12名

8/5「埼玉県」
森田千晶さんによる和紙のブローチ 限定各回 6名

8/11「大阪府」
BIRD’S WORDS伊藤利江さんによる陶器のブローチ 限定各回 12名

8/18「石川県」
大下香仙工房の大下さんによる白蝶貝のブローチ 限定各回 12名

8/18「群馬県」
高澤恵美さんによる横振り刺繍プローチ 限定各回 6名

8/19「山形県」
kiraraの川勝節子さんによる銀のブレスレッド 限定各回6名

8/25「広島県」
トーホーの伊藤依利子さんによるグラスビーズブレスレッド 限定各回6名

8/25「東京都」
工房岡安の岡安康子さんによる籐のブレスレッド 限定各回6名 

8/26「神奈川県」
OTA MOKKOの太田憲さんによる寄木のボタン 限定各回6名

http://www.d-department.com/jp/d47/accessories/

2011年に開催した新宿伊勢丹での47アクセサリーズ展の様子。


カテゴリー: 未分類 |