ナガオカケンメイ
2012年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

LONG LIFE DESIGN

D&DEPARTMENT PROJECT代表取締役会長 d design travel編集長
1965年北海道生まれ。日本デザインセンター原デザイン研究所を経て、2000年東京世田谷にロングライフデザインをテーマとしたストアインフラをイメージした新業態「D&DEPARTMENT PROJEC」を開始。現在、大阪、鹿児島、札幌、静岡、沖縄など6店舗で展開し47店舗を目指す。同時にデザイナー目線で一人称で書くトラベル誌「d design travel」を同じく47都道府県分を取材、執筆、発行。日本企業の創業の原点を見直すブランド「60 VISION」はカリモク、アデリアなど12社と展開中。2011年から渋谷ヒカリエ8/のフロアディレクションと同時に、上記したプロジェクトの総本山的な場所「d47」を開始。ストア、ミュージアム、食堂を展開。ロングライフデザインを別角度から見て、Comme des garconsとのコラボストア「GOOD DESIGN SHOP」も表参道にて展開中。




長く使うということは大変だ。

ロングライフデザインをテーマにした活動や店をやっていると、「日常もほとんど、そういうもので生活を??」と聞かれる。答えとしては「はい、まぁまぁ」という感じ。(笑)
衝動買いだってあるし、流行のものも普通に買いますが、やはり、基本は「長く使えるもの」にしています。なぜなら、流行のものは、流行中は気持ちがいいです。人に自慢するように着たり、使ったりできるし、なにより流行に乗っている満足感はたまりません。しかし、また、流行によって新しいものが出た瞬間に、持っているそれが古くなる。つまり「最新型ではない型落ち」になってしまう・・・・・。着ていてもどこかかっこわるい気持ちになるし、時代の流れに鈍感な人のように思われる恐怖が・・・・笑
僕はとはいえ、そういう「流行」に対して、まったく拒否してしまうと、なんだか一部の雑誌の世界のような、それはそれでかっこいいけれど、そんな田舎暮らしは出来ない・・・・。ということで、僕の買物は「やや長いトレンド」「かなり長いトレンド」的な意識で買物します。「やや長い」とは10年から20年くらい。「かなり長い」とは30年からずっと・・・。「これは一生持っていたい」と思ったとしても、気持ちとしては「かなり長いトレンド」としている。その方が気が楽。

さて、問題は家電のように、トレンドもあり、経済や販売の流れが激流なものです。作っているメーカーやデザイナーにはそういう意思があっても、また、機能的にもそうであっても、販売店のスタイルや、機能のトレンド合戦によって、なんだか計算できない追い風が吹いたりする大変なジャンル。しかも、車や服以上に生活に密着していますから、使い手にとってデザインや意思よりも、価格や機能、もっと言うと、すぐに手に入るみたいなことが重視されたり・・・・・。
とはいえ、家電もがんばっているものを買うようにしています。がんばっているものは、やや高いです。例えば、トレンドと流通に乗っている掃除機が2万円としたら、がんばっているものは6万も7万もします。そこには、企業理念を明確にしたり、修理体制をはっきりしたり、モデルチェンジのスパンを長くしたり、大手のたたき売るような量販店での販売をしなかったりと、一般的にそういった短命なものの流れにのらない苦労があるかわり、「よし、しばらく使っていくか」という気持ちにこたえてくれる姿勢があります。

さてさて、我が家の掃除機も6年目を迎えました。これだけ使えるって、本当に凄いと思います。ハンディの方は、ややバッテリーの持ちが悪くなってきました・・・・。これはもう無理かなぁ・・・・。


カテゴリー: 未分類 |