ナガオカケンメイ
2012年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

LONG LIFE DESIGN

D&DEPARTMENT PROJECT代表取締役会長 d design travel編集長
1965年北海道生まれ。日本デザインセンター原デザイン研究所を経て、2000年東京世田谷にロングライフデザインをテーマとしたストアインフラをイメージした新業態「D&DEPARTMENT PROJEC」を開始。現在、大阪、鹿児島、札幌、静岡、沖縄など6店舗で展開し47店舗を目指す。同時にデザイナー目線で一人称で書くトラベル誌「d design travel」を同じく47都道府県分を取材、執筆、発行。日本企業の創業の原点を見直すブランド「60 VISION」はカリモク、アデリアなど12社と展開中。2011年から渋谷ヒカリエ8/のフロアディレクションと同時に、上記したプロジェクトの総本山的な場所「d47」を開始。ストア、ミュージアム、食堂を展開。ロングライフデザインを別角度から見て、Comme des garconsとのコラボストア「GOOD DESIGN SHOP」も表参道にて展開中。




D&DEPARTMENTをあなたの土地でやってみたいという方へ。

D&Dをたち上げた2000年頃、日本人の消費は末期症状のように「買って捨てる」を繰り返していました。新型がでたら、旧型を捨てる。捨てるといっても気が引けるところに、「リサイクル店」が激増し、引き取り料が発生しても引取ってもらうという、つまり「お金を払ってでも捨てる」状況が起こっていました。
そんな時代に、デザインを仕事にしていた僕は、ひとつのアイディアとして「買う場所や買われ方に意思があれば、こんなに飽きることも加速せず、結果、長く使い続ける」という思いで「意思のあるリサイクル屋」としてd&dをたち上げました。その後、「おばあちゃんからもらったものを大切にする」ようなそんな「ものを持つ」感覚は、日本じゅうの土地のものにも通じると思い、ひろく「ロングライフデザイン」というテーマで、その土地らしさ、土地への思い、作った人の環境への関心、日本への関心、売り場も勉強して、作り手の意思を伝える・・・・・・そんな場所が日本じゅうにあったらいいなと思い、その思いに共感してくれる仲間を募りはじめました。

商売を優先したい方には、全くもっておすすめしません。スタイルがフランチャイズだからといって、僕らを本部、本部と呼んで投資した資金回収にこだわる方とも一緒には出来ません。なぜなら、ぼくらd&dは、「その土地にある個性を掘り起こし、伝える」ネットワークであり、提供できるのは「投資額に対してのリターンの仕組み」ではなく、「どうやって地元の個性である、例えば伝統工芸と関係を持つか」「働くスタッフ(社員)に、講習会などの人を集めて何かを伝える仕方」を教え、「関係を持った地元の作り手と、その場所を使ってどう伝え、販売していくか」のきっかけをつくり、「全国にそういう場所があるということを、Webや様々なツールで伝え、広める」くらいしかできないのです。
もちろん、それらを「D&DEPARTMENT」という看板に集約し、それを旗印とすることに売上げのロイヤリティを頂く。正直、このロイヤリティを各店から集めても、まとまった金額にはなりませんし、僕らもそこをd&dのビジネスとは考えてません。
全国にそういう意思のある場所を増やすことで、人々は観光の拠点にそこをまず訪れ、その土地の長く続く個性を知り、買物をしたり、お茶を飲む。d&dをやることで、同じ意識の仲間と意見交換ができ、その会社の中に「デザインの大切さ・関心」や「地元への関心」を持つ社員やアルバイトを増やし、会社の体質の中に「デザイン」を注入していく。そんなネットワークなのです。

もちろん、僕ら本部も、ロイヤリティビジネスをしていない訳ですから(笑)、それ以外のなにかで「商売」をしなくては生計が立たない。収入の多くはd47など、新しい付加価値へのチャレンジに投下し、d&dというブランドをより「意思を持つ売場」とイコールにしていく。収支関係なく実行する実験的なプロジェクトや企画展は、時には借金をしておこない、「d&d」の意思、付加価値を明確にしていく。「d&dをやる」ということは、そうした私たちの投資したチャレンジを共有できるということ。そして、地元ではなかなか実現しない「地元の個性の見直し、集客し、多くのひとに伝える」ことに有効利用してもらうことだと考えています。
フランチャイズ名(プロジェクト正式名)に社名を入れて頂くのも、「あなたのD&Dを使って地元を元気にする意思」表明です。決して、東京の本部のコピーをしてもらいたいわけでもなく、コピーしたから売上げがあがるわけでもありません。これは、開き直りではありません。「商売」全快にしたら「地元の個性を伸ばす」ことなど、到底、できないのです。だからこそ、ひとりではできない「意思のある売場」をみんなで全国的なものとして完成させ、観光と合わせて、真意を持って人に伝えていく。それでしか成立しないと思っています。そのバランスは、絶対に地元に育った方にしかわからず、また、調査して数字で打ち出すこともできないと思っています。
では、「じゃあ、どうやって収入を得たらいいのか?」もし、そういう質問が浮かんだら、d&dをやるということには、向かないと思います。笑


カテゴリー: 未分類 |